オンラインイベント利用規約

定義

第1条

一般社団法人EU JAPAN SPORTS(以下「EJS」が提供するオンラインイベントサービス(以下、「本サービス」)を本サービスの申し込み希望者および利用者(以下、「参加者」)が利用することについて、以下の利用規約を定めています。参加者は本サービスへの申し込みを行った時点をもって本規約を承諾したものとみなします。

​本サービスの申込み

第2条

1. 参加者は、EJSが定める手段にて本サービスへの申し込みを行うものとします。なお、参加者は本サービスの申し込みにあたり、以下の事項に同意し、これを遵守するものとします。
(1) 通信環境が本サービスの利用に支障がないことを確認する事。
(2) 参加者が未成年の場合、親権者等法定代理人の同意を得る事。
(3) 本サービスの利用料金を本規約第4条2に定める決済方法により支払う事
(4) EJSは参加者に対して本サービスに関する電子メールによる通知等を実施することができる事。

2. EJSは参加者の代金の支払をEJSが確認するまで本サービスの利用を制限できるものとします。

3. EJSは、参加者が以下に定める事由に該当する場合、参加者となろうとする者の申し込みを拒否することが出来、また参加斜の申し込みを取消すことが出来ます。
(1) 参加者が実在しない、又は実在しない恐れがあると判断した場合。
(2) 申し込みの際の申告事項に、虚偽、誤記、又は記入漏れがあった場合。
(3) 登録申し込みの際に決済手段として利用者等が届け出たクレジットカードがクレジットカード会社により無効扱いとされている場合、又は当社の指定する決済関係先が当該利用者等との契約の締結を拒否した場合。
(4) その他、当社が不適当と判断した場合。

​参加者情報の取扱い

第3条

EJSは参加者の個人情報について、EJSが別途定める「プライバシーポリシー」に則って適切に取り扱うものとします。

​参加料金

第4条

1. 参加者は本サービスの利用の対価として、EJSに対してEJSが別途定める利用料金を支払うものとします。

2. 参加者は本サービスにおける利用料金をEJSの指定する金融機関の口座に振り込む方法、またはクレジットカード決済のいずれかの方法にて支払うものとします。

3. 参加者の都合による決済確定後のキャンセルは承れません。

4. オンライン・トークイベントという特性上、原則的に返金を受け付けておりません。運営者側の都合によりオンラインイベントが開催出来なかった場合には、翌月以降のイベントへのお振替えをします。

5. イベント中に運営者側の回線トラブルや大型地震等で10分以上中断された場合には、翌月以降のイベントへのお振替えをします。

通信手段

第5条 

1. 参加者はZoomの通信手段を用いて本サービスを利用することが出来ます。Zoomの利用に際し、下記の内容について同意するものとします。
(1) Zoomの提示する各規約、ガイドラインを遵守すること。
(2) 本サービスの利用前までにZoomをダウンロード、インストールし、機能等について確認すること。
(3) Zoomのダウンロード、インストール、設定、使用等について、すべて自己の責任と費用において行うこと。
(4) イベント開始後に発生したZoomの機能の不具合等について、EJSが一切責任を負わないこと。
(5) Zoomが提供するサービスに関する相談、問い合わせ等について、甲が一切対応する義務を負わないこと

禁止事項

第6条 

1. 参加者は本サービスの利用に際して、以下に定める行為を行ってはなりません。

(1) 参加者が本サービスを利用する権利を他者に譲渡し、使用させ、売買し、名義を変更し、質権を設定し又は担保に供する行為。

(2) パスワード等を第三者に譲渡、貸与等すること又は第三者に使用させる行為。

(3) EJS又は出演者その他第三者の名誉、信用、著作権、特許権、実用新案権、意匠権、商標権、肖像権、プライバシーを侵害する行為。

(4) 違法行為、公序良俗に反する行為。

(5) 本サービスの運用を妨げる行為。

(6) 本サービスを営業行為、営利目的及びその準備に利用する行為。

(7) 本サービスの他の参加者等・出演者に違法行為を勧誘又は助長する行為。

(8) 本サービスの他の参加者等・出演者が経済的・精神的損害、不利益を被る行為。

(9) 犯罪行為及び犯罪行為に結びつく行為。

(10) イベントの内容、画像、動画若しくは音声を当社に無断で公開する行為、又はそのおそれのある行為。

(11) 出演者などへの暴言・脅迫・差別行為、又は業務の進行を妨げる行為。

(12) その他、当社が不適当と判断する行為。

1. 前項の禁止行為に該当するか否かの判断は、EJSの裁量によりなされるものとします。なお、本項の判断についてEJSは説明責任を負うものではありません。

2. EJSは、前項の判断に起因して参加者等が損害又は不利益等を被った場合、EJSに重大な過失がある場合を除き、一切の責任を負いません。

3. 参加者等は、第1項に違反する行為に起因してEJS又は第三者に損害が生じた場合、登録の削除後であっても、全ての法的責任を負うものとします。

​著作権および使用権

第7条 

1. 本サービスに関する映像、画像、商標、ロゴマーク、記載等についての商標権、著作権(著作権法第27条及び第28条で定める権利を含みますがこれに限りません。)、所有権その他の権利(以下「著作権等」といいます)は、全てEJS又は権利者に帰属します。登録者等は、著作権等を無断で使用、侵害すること、雑誌、他のサイト上へのアップロード、転載行為及び第三者への配布等を行ってはなりません。

2. EJSは登録者等が前項に違反した場合、当該登録者等に対して、商標権法又は著作権法等(その他当社の権利に基づく場合を含みます。)に基づく各処置(警告、告訴、損害賠償請求、差止請求、名誉回復措置等請求等)を行うことが出来るものとします。

​免責事項

第8条

1. EJSは本サービスを利用したこと又は利用が出来ないこと、本サービスからのリンク先を利用したこと又は利用が出来ないことによって引き起こされた損害について、直接的又は間接的な損害を問わず一切責任を負わないものとします。本規約の条項のいずれかに参加者が違反した場合も、参加者はEJSに対しての主張、訴訟その他全ての法的措置からEJSを免責するものとします。本サービス利用により発生した通信料について参加者に争いが生じた場合も、EJSは免責されるものとします。
2. EJSは、コンピュータ、ネットワーク機器、回線等の故障、停止、停電、天災、保守作業、その他の理由により本サービスの業務及び提供を、一時中断する場合があります。本サービスの中断において生じた損害について、EJSは免責されるものとします。
3. 本サービスの内容及び、参加者が本サービスを通じて得る情報、また参加者に対する回答等について細心の注意を払っておりますが、その完全性、正確性、確実性、有用性等について保証するものではございません。
4. 本サービスに開示・掲載されているコンテンツに誤解を招くような内容が存在したとしても、これにより登録者が直接的または間接的に被った一切の損害、損失、不利益等について、EJSは一切責任を負いません。

参加者の責任

第9条

参加者は、本サービスの利用と本サービスを利用してなされた行為及びその結果について一切の責任を負うものとします。

​オンラインイベント利用規約の追加・変更

第10条

EJSは、運営上必要と判断した場合、利用規約の追加・変更を行うことができるものとします。その際、EJSはホームページにおける掲示にて告知するものとします。

​合意管轄

第11条

本会員規約に関する一切の紛争は、東京簡易裁判所または東京地方裁判所を第一審の専属管轄裁判所とします。

附則

本オンラインイベント利用規約は令和3年12月12日より施行します。